小椋順二(京都市交響楽団)

小椋

1996年大阪音楽大学卒業。大阪シンフォニカー交響楽団を経て、1997年ドイツ国立アーヘン音楽大学入学。
在学中、アーヘン室内オーケストラ、ユンゲドイツフィルハーモニーに在籍。
2000年2月卒業。帰国と同時に仙台フィルハーモニー管弦楽団入団。
2001年、京都市交響楽団に移籍。
三宅知次、D.ブライアント、R.アルメイダ、H.ツィーグラーの各氏に師事。
相愛大学、大阪音楽大学、夕陽丘高校音楽科、県立西宮高校音楽科の非常勤講師。
京都 ラ ビッシュ アンサンブルメンバー。

須田一之(仙台フィルハーモニー管弦楽団)

須田

1993年、武蔵野音楽大学卒業。
同年ドイツ国立デトモルト音楽大学入学。
在学中より、デトモルダー・ホルニステン、グランパルティータ・デトモルトのメンバーとして活躍。
1994年学生コンクール室内楽部門にて第2位受賞。
南ドイツバードライヒェンハル管弦楽団と共演。
1995年、同校を首席卒業。
97年より仙台フィルハーモニー管弦楽団団員。
1998年、第67回日本音楽コンクールホルン部門入選。
ホルンを故田中正大、M.ヘルツェル、室内楽を甲斐道雄、多戸幾久三の各氏に師事。
常盤木学園高等学校音楽科非常勤講師、仙台白百合学園中学・高等学校オーケストラ講師、東北福祉大学吹奏楽部、東北学院大学吹奏楽部トレーニングコーチ。仙台ホルンクラブ音楽顧問。仙台ゾリステンメンバー。

林伸行(九州交響楽団)

hayasi

京都市出身。東山高等学校卒業後、ドイツ国立デトモルト音楽大学へ留学。在学中より、デトモルダー・ホルニステン、グランパルティータ・デトモルトのメンバーとして活躍。
1995年、同校を首席卒業。
キール市立歌劇場管弦楽団、ドイツ・フィルハーモニアフンガリカ管弦楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団を経て、1995年より九州交響楽団団員。
ホルンを野田篁一、柏原賢、山岸博、M.ヘルツェル、F.マックウィリアム、S.ヴァイグレ、室内楽をH.D.クラウス、H.ユンクの各氏に師事。
第23回日本管打楽器コンクールホルン部門審査員。
現在は日本音楽コンクールホルン部門の審査員を務めている。
NPO法人シンフォニア・ホルニステン代表。

廣川実(フリー)

廣川

1992年、武蔵野音楽大学卒業。同大学卒業演奏会、第7回練馬区新人演奏会出演。
卒業後、フリー奏者として8年間オーケストラ、室内楽、ミュージカルなど幅広く活動を行う。
2000年、東京シティフィルハーモニック管弦楽団入団。
2004年、退団後、フリー奏者として活躍。
伊藤泰世、ハインリッヒケラー、マックウイリアム、樋口哲生の各氏に師事。
現在、スタジオ、ミュージカルを中心に活動中

水無瀬一成(京都市交響楽団)

水無瀬

京都市出身。2003年、京都市立芸術大学音楽学部を卒業。
小山亮、猶井正幸の各氏に師事。
2003年、名古屋フィルハーモニー交響楽団に入団し首席奏者を務める。
2011年、京都市交響楽団へ副首席奏者として、2016年には日本センチュリー交響楽団へ首席奏者として移籍。
2019年1月より再び京都市交響楽団へ副首席奏者として入団し、現在に至る。
名古屋芸術大学音楽学部、相愛大学音楽学部、滋賀県立石山高等学校音楽科、各非常勤講師。

pagetop